京都大学・院・行政学15

●講義計画と課題文献

4月13日:ガイダンス,文献の読み方について

        曽我(2014)「先行研究を読むとはいかなる営みなのか」

4月20日:民意のあり方

        前田幸男「「民意」の語られ方」『年報政治学2014-I』

        荒井紀一郎・泉川泰博「日本人はどの程度武力行使に前向きなのか?」『レヴァイアサン』54号

4月27日:認識・認知のあり方と政策

        木寺 元「税制改革と民主主義ガバナンス」『年報政治学2014-II』

        直井 恵・久米郁男「人々はなぜ農業保護を支持するのか?」『レヴァイアサン』55号

5月1日(金)は月曜授業日となるが,休講とする.

5月11日:市民参加・協働

        長野基「日本の基礎自治体ガバナンスにおける無作為型市民参加の研究」『年報政治学2014-II』

        坂本治也「NPO‐行政間の協働の規定要因分析」『年報政治学2012-II』

5月18日:利益集団

        森裕城・久保慶明「データからみた利益団体の民意表出」『年報政治学2014-I』

        秋吉貴雄「規制緩和と利益団体政治の変容」『年報政治学2012-II』

5月25日:政権交代と政策過程

        上神貴佳「政権交代と政策過程──委任モデル再考」『公共政策研究』10号

        三浦まり「政権交代とカルテル政党化現象」『レヴァイアサン』53号

6月1日:議員の立法活動

        築山宏樹「地方議員の立法活動」『年報政治学2014-II』

        根元邦朗・濱本真輔「選挙制度改革による立法行動の変容:質問主意書と議員立法」『レヴァイアサン』52号

6月8日: 自治体における組織管理

        関 智弘「組織人としてのケースワーカー 」『年報行政研究』49号

        佐藤徹「評価と予算の連動メカニズムの実証分析」『公共政策研究』11号

6月15日: 人事管理の実証分析

        林 嶺那「人事異動における構造とその論理」『年報行政研究』49号

        一瀬敏弘「地方採用警察官の昇進構造」『公共政策研究』14号

6月22日:中央地方関係と空間管理

        上田誠「中心市街地活性化における政策意図の変容」『公共政策研究』10号

        小西真樹「国と自治体の建築・まちづくり行政における役割分担に関する考察」『公共政策研究』11号

6月29日: 規制の政治過程

        辻由希「派遣労働再規制の政治過程」『レヴァイアサン』55号

        早川有紀「環境リスクに対する規制影響分析」『年報行政研究』49号

7月6日: 制度改革のプロセスと意義

        砂原庸介「公益法人制度改革:「公益性」をめぐる政治過程の分析」『公共政策研究』12号

        吉牟田 剛「90年代の行政改革の意義」『年報政治学2012-II』

7月13日:福祉縮減の分析

        西岡晋「福祉国家改革の非難回避政治」『比較政治学会年報』15号

        田中雅子「連立政権下の福祉縮域過程」『公共政策研究』10号

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。