神戸大学・学部・行政学14

試験問題

 現在の日本の行政の特徴は,いつ,どのようにして形成されてきたのか,政治と行政の関係,中央政府と地方政府の関係,政府部門と民間部門の関係の三つの側面のいずれについてもふれつつ,それら三つの間の関係にも注意しながら,論じなさい.

それぞれの成績の取得者数

    秀   1名

優   23名

良   108名

可   37名

不可 22名(単位取得率88.42%)

講評

三つの側面それぞれについて,いつ,どのようにという問いに対応するように,90年代以降の改革の動向を明確に述べることが必須です.論述に具体性があるほど,高い得点を与えています.その上で,理論的な枠組み,たとえば政治と行政であれば,本人・代理人関係における委任のあり方やコントロールのあり方,中央地方関係であれば,集中・分散,融合・分離,総合・分立などの概念を適切に用いつつ,その変化を位置づけることを求めています.現在の特徴との関係を述べることなく明治期から戦後の歴史を述べたり,理論的枠組みのみを述べているものには点を与えていません.

さらに,三つの側面いずれもが,政治家の行動,さらにはそれを規定している選挙制度の変化によって変容してきたことを明示的に述べている場合に加点を行っています.ただし,それができている答案は非常に限られていました.

適切な段落分けがなされていること,また全体の構成(時系列か,三つの側面か,いずれかで整理するのが基本です)が練られていること,論理的に文章を展開していることも評価の対象です.

神戸大学・学部・3/4年次演習14

授業のテーマと到達目標

「現在日本の政策課題とその解決」をテーマとして,受講者がグループワークを通じて,自分たちで問題設定を行い,その解決策を検討する作業を進めていく.到達目標の第一は,現在の日本政治,社会,経済についての理解を深め,政治学,行政学の知識を用いて,具体的な検討を行う思考力を養うことである.第二は,自分の考えを他者に分かりやすく伝えるとともに,他者の考えに対して自分の考えを示していく,学術的なコミュニケーション能力を養うことである.

授業の概要と計画

参加者を三つの班に分ける.

報告班が司会進行(時間管理を含む;1秒単位で厳密でなくともよい)を行う.

1. 報告担当班の報告(30分).

何を課題として設定するか;その問題を解決することがなぜ,日本にとって重要なのか

なぜそうした課題が生まれてきたのか;原因を探求する;因果関係の解明

それに対していかなる解決策がこれまで提示されてきたのか.それではなぜうまくいかないのか

どのような新たな解決策を提示しようとするのか.

* 報告にあたっては配付資料かスライド(パワーポイントなど)のいずれかを用いること

2. 報告しない二つの班からの疑問や問題点の提示

班としての検討(15分)

疑問や問題点の提示(各5分;10分)

3. 報告班からの応答(検討とあわせて15分)

4. 報告をしない二つの班からの再反論(各5分;10分)

5. 教員が最後に評価とコメントを示す(5分)

第二回の報告においては,一週間前に何を課題として設定するのかについて,事前に告知を行う.したがって他の班も,その課題について事前に調査を行い準備をすることになる.当日は,検討時間の15分を省く代わり,疑問・問題点の提示を各12分とする.

班のメンバー替えを行った上で,同じことをもう一度繰り返す.

個々人ごとに最終レポートを書く.班内での準備作業を含めて,班としての検討と,自分自身の考えの相違などを述べる.

京都大学・学部・行政学演習15

演習題目:「政治学実証分析のリバース・エンジニアリング」

演習の概要・目的

リバース・エンジニアリングとは,製品の動作を観察したり,分解することで,その構造や製造方法を調査することである.この演習では,現代政治の実証分析を一つ取り上げ,それに対してリバース・エンジニアリングを全員で試みる.すなわち,その研究が扱った先行研究,依拠した理論,構築した仮説,収集したデータ,それに対する統計分析を,一つ一つ解体し,再現していくことを試みる.

到達目標

現代政治学における実証分析が,いかなる手順や作業に基づき,どのような思考によって営まれるのかを,実際に体験し,修得すること.

授業計画と内容

4月13日:ガイダンス,文献の読み方について

資料:曽我(2014)「先行研究を読むとはいかなる営みなのか」

4月20日:検討すべき先行研究4点の選択を行う

事前課題:各自が砂原庸介「事業廃止の政治学」『年報政治学』2008-IIを読み,そこで取り上げられている先行研究の中から,どれを自分たちでも読み,検討を加える対象とするのか,その理由とともにメモにまとめておく.

4月27日:先行研究の検討1

(終了後,懇親会;5/11担当班から幹事を出す)

なお5月1日(金)は月曜授業日となるが,休講とする.

5月11日:先行研究の検討2

事前課題:四つの班に分け,割り当てられた先行研究(4/27の担当班には日本語論文を,5/11の担当班には英語論文ないし本を割り当てる)について,必要ならばコピーを全員分用意して配付するとともに,内容の要約と検討,砂原論文での取り上げ方とそれへの検討の合計四点について報告を行う

5月18日:理論と仮説の検討

事前課題:砂原論文の理論と仮説の部分について,各自で内容を確認した上で,その根拠,論理的な整合性,射程の長さ,面白さなどについて検討を加え,メモを用意しておく

5月25日:データの検討と収集するデータの決定

事前課題:仮説の検証に用いている指標とデータについて,仮説における変数の具体的指標としての妥当性,データの収集方法がいかなるものであるかの検討を加え,メモにしておくとともに,データの収集方法を確認し,自分たちで収集すべきものは何かを検討する.

6月1日は休講としてデータ収集にあてる.やはり四つの班に分け(メンバーは入れ替える),それぞれが一つの変数について,データの収集作業を分担して行う.収集されたデータについて,6月5日(金)までに担当教員に送付を行う.足りない部分は担当教員の方で補い,データセットを確定させる

6月8日:分析手法の検討

事前課題:砂原論文のデータ分析部分について読んだ上で,自分の持っている知識と照らし合わせ,何ならわかり,何ならわからないかを確かめておく

当日は,分析結果を再現するために,どのような知識が必要か,どのような技術が必要かを確認し,それを修得するためにどのようなステップを踏む必要があるかを確認する.少なくとも誰かひとり代表のパソコン上で,分析結果を再現できるように用意(データセットファイルや統計ソフトなど)する

6月15日:追試結果の報告

事前課題:全員で分析結果の再現を試みる.どのような作業を行い,どのような結果が出てきたのか,記録を取っておくこと.

当日は,追試結果を報告してもらう.最終的な結果のみならず,中途経過において,どのような困難があったのか,また,そうした作業の中で出てきた疑問点などについて報告してもらう.

6月22日:論文全体の検討

事前課題:自分たちでの追試結果も踏まえた上で,論文を全体としてどのように評価できるか,各自で考えておく.設定した問い自体の意味,問いに対してどのような答えをどのように導いたのか,その答えはどの程度確かなものといえるのか,それぞれの判断を下し,メモにまとめておくこと.

6月29日:改善点の検討

事前課題:6/22の議論を踏まえた上で,どのような点を改善すると,より良い論文になったのか,それぞれが検討しておく.

7月6日:プレゼンのリハーサル

事前課題:6/29の議論を踏まえた上で,追試の結果報告とより良い分析の提案についてプレゼンを行う(スライドを用いること).全員で分担して準備をする.当日は,実際にプレゼンをした上で,担当教員がコメントをする.

7月13日:砂原さんへの学問的挑戦.プレゼンを行い,砂原さんからコメントをもらう.終了後,砂原さんの慰労会.

合否判定方法・観点及び達成度:平常点により評価する.出席状況,議論への貢献,種々の作業への貢献を総合的に評価する.

授業外学習(予習・復習)等:対象文献は,砂原庸介「事業廃止の政治学」『年報政治学』2008-IIである.ダウンロードできるので,第二回の講義までには読んでおくこと.https://www.jstage.jst.go.jp/article/nenpouseijigaku/59/2/59_2_237/_pdf

神戸大学・院・比較政治特殊講義08

講義の目標

この講義では,主に制度論の視点から比較政治を論じたテキストを題材としながら,政治が何をもたらすのか,政治はどのように形作られるのかを考えていくことを目標とする.扱われる政治制度は,選挙制度,執政制度,政党制,議会制度,官僚制,司法制度,中央銀行制度,中央・地方関係制度である.これらの幅広い制度の政治的帰結を見ていくことを通じて,政治現象の幅広い側面について,一定の基礎知識を取得することも副次的な目標である.

進め方

一回あたりテキストの一章を扱う.テキストが必読であることに加えて,そこに掲げられている参考文献のうち,各自が興味を持ったものについて読んでおくことも期待される.

参加者は,講義に先立って,テキストの内容を要約するとともに,疑問点,論点,批判点をA4一枚程度にまとめておく.

毎回の講義では,特に報告者を定めず,各自が用意してきたポイントを提示し,それに基づいて,検討を進めていく.

毎回の参加の程度と,論点等の提示の程度により評価する.

教科書

建林正彦・曽我謙悟・待鳥聡史『比較政治制度論』(有斐閣,近刊予定).

 

神戸大学・院・現代政治特殊講義12

講義の目標

現在日本の政治について知識を深める

現在の実証的な政治学の学術論文を読んで理解できるようになる→印象評論,根拠のない批評ではなく,データや証拠に基づいて実態を客観的に理解する方法を学ぶ.

現在の日本政治研究の動向について理解する

博士論文として求められる水準を理解する

進め方

昨年度に出版された現代日本政治についての近年の文献を講読(毎回本一冊).

文献講読に際しては,報告者の割り当ては行わない.各自が準備を行い,ディスカッションのポイントを提示すること.教員は問いかけに対しては,知識や考え方を提供するが,問いかけがないことに対して解説を行うようなことはしない.

文献を読んだ上で,ディスカッションのためのメモ(疑問点,論点,改善点の抽出と考察)を作成すること.

講義計画と課題文献

4月11日 イントロ

T・J・ペンペル(2005)「比較の視座から見る日本政治」日本 比較政治学会編『日本政治を比較する』早稲田大学出版部。

4月18日 (休講)

4月25日 個別政策 1

岩永理恵(2011)『生活保護は最低生活をどう構想したか』ミネルヴァ書房

5月2日 個別政策 2

柴田晃芳(2011)『冷戦後日本の防衛政策』北海道大学出版部。

5月9日 政党1

上神貴佳・堤英敬(2011)『民主党の組織と政策』東洋経済新報 社。

5月16日 政党2

樋渡展洋・斉藤淳(2011)『政党政治の混迷と政権交代』東京大 学出版会。

5月23日 政党3

的場敏博(2012)『戦後日本政党政治史論』ミネルヴァ書房。

5月30日 政府と市場 1

和田洋典(2011)『制度改革の政治経済学』有信堂高文社。

6月6日 政府と市場 2

深谷健(2012)『規制緩和と市場構造の変化』日本評論社。

6月13日 政府と市場 3

京俊介(2011)『著作権法改正の政治学』木鐸社。

6月20日 財政と政治 1

田中秀明(2011)『財政規律と予算制度改革』日本評論社。

6月27日 財政と政治 2

西川雅史(2011)『財政調整制度下の地方財政』勁草書房。

7月4日 歴史1

下村太一(2011)『田中角栄と自民党政治』有志舎。

7月11日 歴史2

佐々田博教(2011)『制度発展と政策アイディア』木鐸社。

7月18日 歴史3

北山俊哉(2011)『福祉国家の制度発展と地方政府』有斐閣。

 

神戸大学・院・比較政治特殊講義14

開講日時

第1,第2火曜については時間割表通りの火曜日4限に開講する.第3,第4週の分については,社会人院生の便宜のため,原則第4土曜日の午後2時から午後5時(2限連続)に開講する.

講義計画と課題文献

10月7日(火)

中北浩爾『自民党政治の変容』NHKブックス,2014年.

10月14日(火)

牧原出『権力移行』NHKブックス,2013年.

10月25日(土)

樋口直人『日本型排外主義』名古屋大学出版会,2014年.

山口智美ほか『社会運動の戸惑い』勁草書房,2012年.

11月4日(火)

カザ『国際比較でみる日本の福祉国家』ミネルヴァ書房,2014年.

11月11日(火)

新川敏光『福祉国家変革の理路』ミネルヴァ書房,2014年.

11月29日(土)

日下渉『反市民の政治学:フィリピンの民主主義と道徳』法政大学出版局,2013年

本名純『民主化のパラドックス:インドネシアに見るアジア政治の深層』岩波書店,2013年

12月9日(火)

ロー『日本の最高裁を解剖する』現代人文社,2013年.

12月16日(火)

ポグントケ・ウェブ『民主政治はなぜ「大統領制化」するのか: 現代民主主義国家の比較研究』ミネルヴァ書房,2014年.

12月27日(土)

横川正平『地方分権と医療・福祉政策の変容』創成社,2014年.

青木栄一『地方分権と教育行政』2013年.

1月6日(火)

中澤歩『なぜ日本の公教育費は少ないのか: 教育の公的役割を問いなおす』勁草書房,2014年.

1月13日(火)

前田健太郎『市民を雇わない国家』東京大学出版会,2014年.

神戸大学・院・行政学11

講義の目標

現代日本の政治および行政に関する先行研究の講読を通じ,つぎの三つの目標を目指す.

第一に,現代日本政治・行政についての知識や情報を増大させること.第二に,政治学の実証分析として適切なリサーチデザインがいかなるものなのかを,実際の研究を通じ理解すること.第三に,研究動向を理解し,さらなる研究の進展の余地がどこにあるかを見つける能力を伸ばすこと.

進め方

大きく分けて二つの部分からなる.第一部は文献講読である.毎回,近年出版された日本政治・行政に関する主要な業績を一つ取り上げる.各回の講義では,報告者を定めず,ディスカッションを進めていく.特に提出は求めないが,ディスカッションに向けて取り上げるべき論点や疑問点については,メモを用意した上で講義に臨むこと.また,課題文献のコピーは用意しないので,各自で用意されたい.

第二部は,レビュー論文の執筆と検討である.講読した文献をもととして,各自が「現代日本政治・行政の分析の現状と展望」に関するレビュー論文を執筆する.それを参加者全員で共有し,研究動向の理解と展望の仕方について,検討を行う.

講義計画と課題文献

導入

渡部純(2010)『現代日本政治研究と丸山眞男』勁草書房.

市民

坂本治也(2010)『ソーシャル・キャピタルと活動する市民』有斐閣.

議員・政党(1)

斉藤淳(2010)『自民党長期政権の政治経済学』勁草書房.

議員・政党(2)

小宮京(2010)『自由民主党の誕生』木鐸社.

執政(1)

高安(2009)『首相の権力:日英比較からみる政権党とのダイナミズム』創文社.

執政(2)

上川(2010)『小泉改革の政治学』東洋経済新報社.

政策過程(1)

手塚洋輔(2010)『戦後行政の構造とディレンマ』藤原書店.

政策過程(2)

西村弥(2010)『行政改革と議題設定:民営化にみる公共政策の変容』敬文堂.

地方政治(1)

砂原庸介(2011)『地方政府の民主主義』有斐閣.

地方政治(2)

三田(2010)『公共事業改革の政治過程』慶應義塾大学出版会.

地方政治(3)

河村和徳(2010)『市町村合併をめぐる政治意識と地方選挙』木鐸社.

神戸大学・院・行政学13

講義計画と課題文献

4月13日(土)中央地方関係の変容

  • 木寺元『地方分権改革の政治学:制度・アイディア・官僚制』有斐閣,2012年.
  • 市川喜崇『日本の中央−地方関係:現代型集権体制の起源と福祉国家』法律文化社,2012年.

4月29日(月・祝)福祉国家の変容

  • 辻由希『家族主義福祉レジームの再編とジェンダー政治』ミネルヴァ書房,2012年.
  • 水島治郎『反転する福祉国家:オランダモデルの光と影』岩波書店,2012年.

5月11日(土)有権者の行動要因

  • 蒲島郁夫・竹中佳彦『イデオロギー』東京大学出版会,2012年.
  • 谷口将紀『政党支持の理論』岩波書店,2012年.

5月25日(土)有権者のあり方とその帰結

  • 大村華子『日本のマクロ政体』木鐸社,2012年.
  • 善教将大『日本における政治への信頼と不信』木鐸社,2013年.

6月8日(土)制度分析の切れ味?

  • 待鳥聡史『首相政治の制度分析』千倉書房,2012年.
  • F. ローゼンブルース・M. ティース『日本政治の大転換』勁草書房,2012年.

6月15日(土)都市・社会・国家

  • 高村学人『コモンズからの都市再生:地域共同管理と法の新たな役割』ミネルヴァ書房,2012年.
  • 高木恒一『都市住宅政策と社会-空間構造:東京圏を事例として』立教大学出版会,2012年.

7月6日(土)国家間関係の国内政治

  • 吉田真吾『日米同盟の制度化:発展と深化の歴史過程』名古屋大学出版会,2012年.
  • 鈴木一敏『日米構造協議の政治過程:相互依存下の通商交渉と国内対立の構図』ミネルヴァ書房,2013年.

7月13日(土)分析対象のフロンティア

  • 大西裕編著『選挙管理の政治学』有斐閣,2013年.
  • 澤田康幸・上田路子・松林哲也『自殺のない社会へ:経済学・政治学からの実証アプローチ』有斐閣,2013年.

京都大学・院・行政学15

●講義計画と課題文献

4月13日:ガイダンス,文献の読み方について

        曽我(2014)「先行研究を読むとはいかなる営みなのか」

4月20日:民意のあり方

        前田幸男「「民意」の語られ方」『年報政治学2014-I』

        荒井紀一郎・泉川泰博「日本人はどの程度武力行使に前向きなのか?」『レヴァイアサン』54号

4月27日:認識・認知のあり方と政策

        木寺 元「税制改革と民主主義ガバナンス」『年報政治学2014-II』

        直井 恵・久米郁男「人々はなぜ農業保護を支持するのか?」『レヴァイアサン』55号

5月1日(金)は月曜授業日となるが,休講とする.

5月11日:市民参加・協働

        長野基「日本の基礎自治体ガバナンスにおける無作為型市民参加の研究」『年報政治学2014-II』

        坂本治也「NPO‐行政間の協働の規定要因分析」『年報政治学2012-II』

5月18日:利益集団

        森裕城・久保慶明「データからみた利益団体の民意表出」『年報政治学2014-I』

        秋吉貴雄「規制緩和と利益団体政治の変容」『年報政治学2012-II』

5月25日:政権交代と政策過程

        上神貴佳「政権交代と政策過程──委任モデル再考」『公共政策研究』10号

        三浦まり「政権交代とカルテル政党化現象」『レヴァイアサン』53号

6月1日:議員の立法活動

        築山宏樹「地方議員の立法活動」『年報政治学2014-II』

        根元邦朗・濱本真輔「選挙制度改革による立法行動の変容:質問主意書と議員立法」『レヴァイアサン』52号

6月8日: 自治体における組織管理

        関 智弘「組織人としてのケースワーカー 」『年報行政研究』49号

        佐藤徹「評価と予算の連動メカニズムの実証分析」『公共政策研究』11号

6月15日: 人事管理の実証分析

        林 嶺那「人事異動における構造とその論理」『年報行政研究』49号

        一瀬敏弘「地方採用警察官の昇進構造」『公共政策研究』14号

6月22日:中央地方関係と空間管理

        上田誠「中心市街地活性化における政策意図の変容」『公共政策研究』10号

        小西真樹「国と自治体の建築・まちづくり行政における役割分担に関する考察」『公共政策研究』11号

6月29日: 規制の政治過程

        辻由希「派遣労働再規制の政治過程」『レヴァイアサン』55号

        早川有紀「環境リスクに対する規制影響分析」『年報行政研究』49号

7月6日: 制度改革のプロセスと意義

        砂原庸介「公益法人制度改革:「公益性」をめぐる政治過程の分析」『公共政策研究』12号

        吉牟田 剛「90年代の行政改革の意義」『年報政治学2012-II』

7月13日:福祉縮減の分析

        西岡晋「福祉国家改革の非難回避政治」『比較政治学会年報』15号

        田中雅子「連立政権下の福祉縮域過程」『公共政策研究』10号

神戸大学・院/学部 地域ジャーナリズム・ワークショップ11

●授業のテーマと到達目標

 この講義は,ジャーナリズム・プログラムの一貫をなす講義である.少子高齢化や財政難など,大きく変容しつつある地域の姿を的確に捉え,発信する力を取得することが,この講義のテーマである.

 到達目標の第一は,日本語による社会的問題に関する講演を聞き取り,要旨をおさえ,文章化する能力を高めることである.

 第二の目標は,神戸市,兵庫県といったこの地域に,現在いかなる政治的,社会的な問題が存在し,それに対していかなる取り組みがなされているのかについて,理解を深めることである.

●授業の概要と計画

 講義は二回を一セットとする.まず,ゲストスピーカーの話を聞いた上で,質疑を通じて,その内容を理解することが一回目の講義の主たる内容である.ゲストスピーカーには,兵庫県・神戸市域で活躍する各分野の専門家を招く.その講義から数日内に,そのテーマに関する簡潔な「記事」の執筆を行うことが,課題として課される.各セットの二回目の講義では,各自が書いた記事を題材としながら,どうすればその質を一層高めることができるのかを,神戸新聞社の編集委員・記者に指導していただく.その上で,優秀な「記事」については,実際に神戸新聞に署名入りで掲載する.

 今年度のゲストスピーカーとテーマについては,講義初回に伝える.スケジュールとしてはつぎのように予定している.

イントロダクション(4/13),第1セッション(4/20, 4/27),第2セッション(5/11, 5/18),第3セッション(5/25, 6/1),第4セッション(6/8, 6/15),第5セッション(6/22, 6/29),第6セッション(7/6, 7/13),まとめ(7/20)

 参考までに昨年度のゲストスピーカーとテーマについて掲げておく.

衣笠愛之氏=農業法人夢前夢工房社長(姫路市),中貝宗治氏=豊岡市長,小澤國秀氏=オザワ繊維社長(西脇市、播州織),丹生裕子氏=県立柏原病院の小児科を守る会代表(丹波市),西秋生氏=作家(神戸市),北尾真理子氏=ダイバーシティ・コンサルタント(神戸市)

●成績評価と基準

 課題の提出状況とできばえ,毎回の講義への参加の程度によって評価する.

●履修上の注意(関連科目情報等を含む)

 「記事」に対する指導を行うという形式のため,大学院,学部あわせて合計20名を履修者の上限とする.履修希望者が上限を上回った場合は,法学研究科,法学部の学生を優先する.その上で抽選により履修者を決定する.したがって,初回の講義への出席が履修のためには必須である(どうしても不可能な場合,事前に担当教員に電子メールにて相談すること).

 履修に関する点など手続き的な応対は,担当教員の曽我が行う.毎回の講義の進行は,神戸新聞社の編集委員・記者が担当する.

●学生へのメッセージ

 実践的な講義なので,確実に文章化の能力を高めることができる講義である.積極的な参加を期待する.

 他方で同時に,ゲストスピーカーの講演はオープンであり,履修者以外の参加も歓迎する(関心がある回の参加だけでもよい).

●教科書参考書

 教科書は用いない.参考書については講義中に紹介する.